Recently
Archive
Category
Link
Profile


愛知から

東京の建築家ではなくても

無名な設計者でも

東大、東京藝大、東工大出身じゃなくても(笑)

目標を立てて

日々アンテナ張って

スタディを重ね続け

自分に言い訳をしないプロジェクトを積み重ねていけば

階段をひとつずつ上っていくことは可能だと信じております。





建築家不毛の地といわれた愛知、東海が自分たちの代で変わっていけば・・・

建築によって愛知、東海の街並みや住環境がより良い方向に変わっていけば・・・

建築家を志したい若者が、都内ではなく経済的負担の少ない

地方や地元でも働ける環境を整えられれば・・・
(この話はまたいつか)



20代前半、自分に立てた目標のうちの一部です。



そのような思いがあり愛知で活動をしております。





今週、アイカ工業主催の全国コンテストで1等を頂きました。


嬉しいです。


色々嬉しい理由があるのですが

本日お伝えしたい内容は

実力ないから、学歴ないから、地方だからという理由を自分で作り出して

建築設計をすること、独立すること、志をもつことを

諦めてしまっている学生や若者にむけて

能力も実力も何も無くても

目標立てて諦めず、言い訳せず突き進んでいけば

結果がついてくるということを

これから先、少しでも伝えれるという意味で

嬉しいのです。


こういうとき、すごいね!なんて言われても本心では嬉しくないのですが

自分もがんばってみようと思いました!といわれると

ものすごく嬉しいです。


教育は言葉じゃなく、背中で教えるものだと

大学生のとき、恩師を見ていて感じました。

地方でも東京に負けない、世界を狙う。というのも同じ恩師の言葉です。

僕はただそれに共感し実践しているに過ぎません。



最後に、

厳しい経済状況の中、今年も同コンテストを主催してくださった

アイカ工業並びに関係者の皆様

審査をしてくださった審査委員長の青木淳さん

トラフの禿真哉さん、商店建築編集長の山倉礼士さん

心よりお礼申し上げます。

また来年も戻って来れますように!
アイカ賞状

DSCN1638.jpg

9A6077.jpg


2015.01.29(Thu) - architecture





/