Recently
Archive
Category
Link
Profile


設計中。

みなさん、こんにちは。

設計事務所の仕事というのは、施主打合せ以外はとても裏方的で

作業時間がかかる理由がわかりにくいという部分があります。


今日はそれについてちょこっとだけご説明します。




私たちの事務所では、図面をひたすら描いている時もありますが

図面と並行して

模型を作ったり、

CGで検討したり

素材サンプルを集めまくったり、

素材の調査を行なったり、

材料メーカーさんと打合せしたり




実は

図面作成以外の仕事に時間が割かれていることが多かったりします。




お施主さんに提示する図面や機器、仕上げ素材などはたいていの場合、ひとつですが

そのひとつを探すためにはかなり多くの検討を行なう必要があると私たちは考えています。

プレゼンテーション前にも計画案を200以上作り

スタディ模型を20台以上つくり

CGを何カットもつくって検討を重ねますが

プレゼンテーションが終わったあとも

実施図面を作りながら上記のような検討を続けます。

実施図面段階ではコストや施工方法の検討も必要となるため検討項目は

基本設計時よりさらに複雑化してきます。





同じ素材を使い続ければ

そんな検討の時間も省けて、

作業効率も上がって、

人件費もかからないかもしれませんが


私たちアトリエ系設計事務所が行なう『ものづくり』とは

そういった『作業効率』や『企業利益』を第一優先した企業体質とは異なる部分が多くあります。



ある公務員の人から設計事務所が遅くまで仕事をやっているのは

仕事をこなすのが遅いからじゃないの?

といわれたことがありましたが、



答えはNOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOです。


検討を行なうのに時間は必要です。

既製品を購入するのと家作りは大きく異なります。


ものづくりとはそういうものなのです。


ひとつひとつモノゴトを吟味しながら

ひとつひとつ丁寧に仕上げていくものなのです。




ということで、


今日も深夜まで作業が続きます。

091020-1.jpg





たまに遊びを入れながら。


ミ・・・ミサイルがふって来たぞ-------
091020-2.jpg




スタッフに『邪魔しないでください!!!』とおこられながら。


2009.10.20(Tue) - architecture





/